新しい取り組み(独自店舗管理)

営業展開、店舗展開型コミュニケーション・ツール

本支店間コミュニケーション

本支店間のコミュニケーション、支店内コミュニケーションの場合、メールでは依頼や指示に対し、対応のステータス管理ができません。本部から見て、支店の状況が見えません。また、支店が多数あると、店舗の状況確認の限界が来ます。解決するためには管理されたコミュニケーションの確立が必要となります。

【狙い・効果】

・社内で、本支店間の会話で、本部の指示確認がかんたんになります。
・店舗もTODOリストが明確になり、作業の漏れがなくなります。
・キャンペーンなどを実施した際にも状況確認、アドバイス、指導が明確になります。

【仕組み】

本部=「指示機能」「未実施作業確認機能」「キャンペーン指示管理機能」
店舗=「実施回答機能」「日次作業チェック機能」「TODOリスト機能」
本部・店舗の各部門に必要な3機能を備えたパッケージを導入することで「狙い」を実現できます。

【費用対効果】

業務の管理時間(指示、確認、対応フォローアップ)が大幅に削減できます。

▲ページの先頭へ戻る